初心者の練習方法


初心者の練習方法

スケートボードを始めた際に、どう練習していいか分からなくそのまま挫折してしまう方が多くいます。
ですが、それは言い訳に過ぎず、初心者の練習方法はいくらでもあるのです。

まずは、スケーターがいるスポットなどを探し輪に入れるようになることです。
初心者は、まだ何も出来ないからって隅っこで、隠れてしてしまいがちですが、それではどこが悪いのかも分からないしいくらたっても上達しません。
スケーターの輪に入れることが出来たら、色々な情報も分かり上手い方達の滑りも見てその人の良いところも盗むことができ、また、教えあうことも出来るのでそれが刺激になり、レベルも上がりやすいです。

でも、やはり一人で始めた方は、どうしても輪に入りにくいのが当り前ですが一番は挨拶です
スケボーは知らない他人でも必ず挨拶をしてくる方が多く、また必ず返してくれますので、恥ずかしがらずに軽くでもいいので挨拶をしていき、そのうちに仲良くなれる事が多いまずはパークなりスポットなり通ってみましょう。

次に、ビデオを撮ることです。
これは、ほとんどのスケーターがしており自分の出来ない技など自分がしている様子を動画に収めどこがいけないのかチェックする方が多く、そしてその悪いところを意識しながら練習していき、レベルを上げていっています。

何度も何度も練習するけれど、中々出来ない・・・という方は一度動画に納め、自分がどのようにしているかチェックしてみると次にどう練習していけば良いか分かるようになりますのでお勧めです。

最後に、色々なスケーターのビデオを見る事です。
好きなプロスケーターなどのビデオを見て、想像してみることも練習の一つであり自分とスケーターを重ねてみるとこの人と自分はどこが違うのか分かるかもしれません。
練習する事も大事ですが、練習するだけで自分の悪い癖があれば上手くはなりませんし、何が悪いのか知る必要がありますので、想像してみるのもお勧めな練習法です。

一番初心者のうちに挫折してしまうことの多いスポーツ、スケートボードですがそこを乗り越えると倍楽しいスポーツになりますので、一つ一つ練習していきましょう。

スポンサーリンク


サーバー