初心者が練習する技


初心者が練習する技

スケートボードの技は応用など含めればたくさんあるのですが初心者で練習しといたほうが良い技は色々な技の応用になりますので覚えておくと練習がしやすいでしょう。

チクタク
この技は、初心者の方がまず練習する技で、これはノーズを持ち上げながらデッキを左右に振って前に進んでいく技です。

ノーズを持ち上げながら右にデッキを振り下ろす、今度は持ち上げながら左に振って下ろすという動作をしながら前に進んでいきます。

最初のうちは後ろに進んだりと中々上手くいきませんが、動かないという人は上半身と下半身が一緒に動いている人が多いですので、そこを意識しながら練習してみましょう。

マニュアル
テールまたはノーズ側のウィールを持ち上げた状態でバランスを取りながら滑り続ける技です。

重心位置をイメージしながら練習することで、効率よく上達することが可能であり、出来るようになればいろんな技と組み合わせたり、手摺りやボックスの縁で行う技、グラインドの基本になるので練習しましょう。

テールマニュアルはへその奥付近にある重心を後ろ足の真上に持ってくることが大切であり、その状態から後ろ足の土踏まずのところで少しノーズの方向に向かい踏み込みノーズを持ち上げます。

パワースライド
スケボーを進行方向に対し横向きにさせ、一気にスライドしてウィールの摩擦でスピードを落としその場に止まる技です。

スライド系のイメージトレーニングにもなりますので、気休め程度に練習してみましょう。

ショービット
地面にテールは当てないので空中に浮く技ではなく、デッキを水平に180度回して乗る技であり、これは空中に浮かすポップショービットの基礎になりますので、オーリーと同時に練習しましょう。

スタンスはの足はノーズ側のビス付近、後ろ足はテールのキックの部分につま先をやや出して置き、デッキにかかる体重を抜くようなイメージで後ろ足で軽くジャンプするというのをポイントに練習しましょう。

スポンサーリンク


サーバー