基本のトリックで板に慣れよう


基本のトリックで板に慣れよう

スケートボードもセッティングが終わり、いざ滑ってみようと思ってもどんな事からすれば良いのか分からない方が大半ですが
板に慣れておかないと、バランスがとれず転んだりなどしてしまいがちです。
ですので、基本的な技をマスターしつつ板に慣れていきましょう。

●プッシュ

スケボーを漕いで前に進むことをプッシュと言います。

レギュラーのスタンスの方は左足をデッキの上に乗せ、利き足の右足で地面を蹴り前に進みます。
グーフィーの方は逆になります。

自分の出したいスピードを出し、出たら漕いでいた足をデッキに乗せ、その際に平行に置いていた前足を垂直になるようにおきます。
スピードが落ちたと感じたらまた最初の位置に戻しこの動作を繰り返します。

ポイントとしては、漕ぐ際に胸を進行方向に向け、前をしっかり見るとバランスが取りやすくなります。

●チックタック

ノーズをあげてデッキを左右に振って前に進んでいく動作です。

前足は、ノーズ側のビスの上、後ろ足はビスより少し後ろのテール付近に置き、前足を一瞬持ち上げ、ノーズが上がったらすぐに前足を踏み込みます。
これをリズムよく繰り返し上半身のひねりに先ほどの動きを加えます。
上半身を先にひねって一瞬遅らせて前足を持ち上げるのがポイントで上半身のひねりにデッキをついてこさせるようにして行います。

●ターン

スケボーに乗ったまま方向を変えたりするときに使う技であり、バックサイドとフロントサイドがあります。
バックサイドは背中、フロントサイドは正面の方に曲がることを言います。

バックサイドの場合、滑っている状態で上半身を進行方向に向け、かかとを押し出すようにして重心を後ろに置くと後ろ側に曲がれるようになり
フロントサイドは、バックサイドの逆で、上半身を曲がりたい方に向けつま先を踏み込むようにし、そのまま進行方向に体重を掛けるようにすると、曲がれます。
 
重心の位置が後ろ過ぎたり、前過ぎたりするとこけてしまいますので重心のかけ方がポイントになりますので繰り返して覚えるようにしましょう。


それぞれ、基本の技、基礎になりますし技に移行したりするときにのちのち必要となってくるトリックですので初心者からマスターして板に慣れましょう。

スポンサーリンク


サーバー