スタンスを決めるには


スタンスを決めるには

スケートボードにはスタンスと言う、足をデッキに置く際の方向がありますがこれにはレギャラースタンスとグーフィースタンスがあります。
これらは、スケートボードをする際に必要になってきますし、最初は軽くで良いので確認しておきましょう。

まずそれぞれのスタンスの説明ですが

●レギュラースタンス
日本に多いスタンスであり、板に足を置く際は左足が前、左足が後ろになります。
ほとんどが右利きの方に多いスタンスでもあります。

●グーフィースタンス
アメリカで多いスタンスであり、左足が前、右足が後ろになります。
これは左利きの方が多いスタンスです。

スタンスの決め方ですが、基本は自分の効き足で決めてみるといいでしょう。
また、オーリーをした際に後ろの足で板の後ろ側の板(テール)を蹴り、ジャンプをするのですがその際にテールを強く蹴る事が出来る足を後ろにおけるスタンスが良いです。

そして、プッシュをする際にも後ろ側に来る足で地面を蹴りますので、何回かどちらともやってみてしっくり来る方をスタンスに決めてみると良いです。

また、上級者になりますが、例えばレギュラースタンスの人が逆のスタンス、グーフィーと同じような技を行う場合はスイッチと言われており、この際には、スタンスが関係なくなってしまいますが、技をいろいろ決める際に幅も広くなりますので、中級者くらいになって行ってみましょう。

スポンサーリンク


サーバー