スケートボードをする際のマナー、注意点


スケートボードをする際のマナー、注意点

スケートボードをする際に、出てくるのがマナーですが、スケートボードはストリートやフラットなど滑るスタイルも様々ですので場所もいろいろとあります。

それぞれのマナーを守っていかないと変なイメージを持たれたり、もっと制限がかかってしまう場合もありますのでは守りましょう。

まず、ストリートで行う場合は、道路交通法の「道路における禁止行為等」という条例で交通のひんぱんな道路において、球戯、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為を禁止することと定められているようです。
ですので本当はスケートボードでの移動は推奨されてないです。

スケートボードはストリートで行える場所は正直ないのに等しいですが、それは一部のマナーの悪い方達のせいで規制が厳しくなったり、制限されたりしているのが現状です。
ですので、人通りの多い所では避けるなどの行動や滑る際のマナーを改める事でマナーが悪いなんて思われるか、思われないかが変わってくるでしょうし、一人一人の行動は大切です。
また、看板などで、禁止と表示している場所もありますので確認しておきましょう。
そして一番のマナーとして言われているのが、騒音問題
タイヤが付いてる分、音も響きますので、夜は響き方が尚更気になってくるので、滑る時間も考えるのが大事です。
仕事が終わってから…なんて考えると夜から滑る方もいらっしゃるもいますが、その場合滑ってる場所の周りを考えてみましょう

また、ストリート以外で滑るとなると、パークがお勧めですが、市や国がストリートスポーツ用に建てた場所になりますので、スケートボード以外にもBMXやインラインスケートの方もいますので、こちらもマナーが大事になってきます。

まず、スケーターがたくさんいますし、パークを使いたい方が来てる場所ですので、お互いが順番を守って行う事も大事ですし、譲り合うことも大事です。
また、滑る際にほとんどのパークでは怪我をしない為にもヘルメット着用が義務つけれており、実際にヘルメットなしで滑り頭を打ったために一生スケートボードが出来ない体になった方もいます。

ですが、ダサいからなどと理由につけないまま滑る方もおり、その為にパーク利用が出来なくなり普段からきちんとルールを守り使用していたスケーター達までにも迷惑をかけてしまいます。
また、今は管理人の言う事も聞かなかったりする方もいるようですので、周りの方にも迷惑をかけない為にも一人一人が自覚を持って利用しましょう。

そして、スケートボードをした際、喉も渇くと思いますが、その際に出るゴミですがそのまま放置で置いて帰られる方もいて、これも問題視されています。

ですので、必ず自分が出したゴミは持ち帰るようにしましょう。

以上が、スケートボードをする際の心構え、マナーとなりますが
これらは、行う前に滑る場所の確認としても出来ますので必ず確認しておきましょう。

スポンサーリンク


サーバー